営業ご案内

 

東京M&A調査会

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町
1-8-3神田小川町北ビル3階

【営業時間】

平日9:30~17:30

【休業日】

土日祝祭日
年末年始・夏季休業

【お問い合わせ】

電話 03-6868-5112
FAX 050-3737-8401
メール info@fyb.jp

当会別サイト

 当会はあらゆる会社・法人をお取り扱いいたします。会社や事業を売りたいのに他社でお取扱いを断られた方、会社や事業を買いたいのに他社で欲しい案件が見つからなかった方、お気軽にお問い合わせ下さい。
 M&A、事業譲渡、法人譲渡、会社譲渡、事業売却、会社売却、法人売買、会社売買、企業売買、全て当会にお任せください。

休眠会社とは?

 休眠会社とは、一般的には長期間活動していない会社のことを言います。ただしこれは、法的な定義とは若干ズレており、さらに一部の法律系専門家は、これとはまた異なる定義をしている場合があります。
 法律上の定義は会社法第472条に記載されております。これによると休眠会社とは「株式会社であって、当該株式会社に関する登記が最後にあった日から十二年を経過したもの」となっています。会社は、その登記事項に変更が無くとも、10年に一度は登記をしなければならないので、それを超える12年にわたって登記がなされていないのであれば、その会社は活動していないものとみなしてよいという判断が根底にあるものと思われます。会社法上の定義による「休眠会社」は、強制的に解散させられる場合があるので、注意が必要です。
 一方、税理士さんなどは、休眠届を税務署等に提出した会社を休眠会社と呼ぶ場合があります。実は「休眠届」なる手続きは正式には存在しない(ごく一部の地方自治体には存在するとも聞きます)のですが、税務署などの「異動届出書」に「平成○○年○○月○○日 休業」などと記載して提出すると、事実上の休眠届として受理されます。特に一部の地方自治体では休眠届の提出が法人住民税免除の事実上の要件になっている場合があります。

(2014-01-14)

関連項目

コラム(目次)に戻る。

PickUP!

繰越欠損金

A171:1億円以上と高額の繰越欠損金を有する会社です。

会社を売りたい方

 会社・法人や事業の売却・譲渡をご希望の方は、上記「M&A・法人譲渡案件化依頼書」にご記入の上、当会までお送りください。

 これまでに当会に買収申し込みのあった事案です。

会社を買いたい方

 案件情報の詳細を閲覧ご希望の方は、上記「情報開示申込書」にご記入の上、当会までお送りください。