M&A・会社売買について

営業ご案内

 

東京M&A調査会

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町
1-8-3神田小川町北ビル3階

【営業時間】

平日9:30~17:30

【休業日】

土日祝祭日
年末年始・夏季休業

【お問い合わせ】

電話 03-6868-5112
FAX 050-3737-8401
メール info@fyb.jp

当会別サイト

 当会はあらゆる会社・法人をお取り扱いいたします。会社や事業を売りたいのに他社でお取扱いを断られた方、会社や事業を買いたいのに他社で欲しい案件が見つからなかった方、お気軽にお問い合わせ下さい。
 M&A、事業譲渡、法人譲渡、会社譲渡、事業売却、会社売却、法人売買、会社売買、企業売買、全て当会にお任せください。

購入した会社の決算期はいつにすれば良い?

 ご購入いただいた会社の決算期は、自由に決めて頂いて結構ですが、事業方針によっていくつかの候補が考えられます。

     
  1. もともとの決算日を変更せず、そのままとする。
      最もシンプルな方法であり、最少の手続きで済みます。ご購入いただいた会社に決算・確定申告書類の不備が無い場合に特にお勧めです。
  2.  
  3. 3月末日とする
      これも一般的な方法です。特にこだわりが無ければこちらでも良いでしょう。
  4.  
  5. 12月末日とする
      個人事業を法人成りするために会社を購入する場合には良い決め方です。個人事業時代の決算期と変わらないため、新旧の業績比較・検証等がやりやすく、また、お客様ご自身の年間スケジュールを変更せずにすみます。
  6.  
  7. ご購入から11ヵ月後の末日とする
      消費税の免税措置を最大限に生かす方法です。特に、設立以来、事業活動を行っておらず、法人設立の届出を行っていない会社を購入する場合には検討に値します。
  8.  
  9. 業務上の繁忙期を避ける
      年間に業務上の繁忙期と閑散期が生じると想定できる場合には、良い方法です。特に、決算・確定申告をご自身でなさる場合には検討すべきです。

※消費税の免税要件等につきましては、税務署や税理士等専門家にお尋ねください。


関連項目

FAQ(目次)に戻る。

PickUP!

繰越欠損金

A171:1億円以上と高額の繰越欠損金を有する会社です。

会社を売りたい方

 会社・法人や事業の売却・譲渡をご希望の方は、上記「M&A・法人譲渡案件化依頼書」にご記入の上、当会までお送りください。

 これまでに当会に買収申し込みのあった事案です。

会社を買いたい方

 案件情報の詳細を閲覧ご希望の方は、上記「情報開示申込書」にご記入の上、当会までお送りください。